美味しい赤ワイン 見極め方と選び方

みなさんこんにちは、今日は少しワインについて書いてみようと思います。私は最近外食ばかりになってしまっているところです。

その中でお気に入りになってきて、はまっているお酒がワインです。

いままではかなり嫌いでしたが、食べ方とワインの種類を気にしてみると、焼酎やウイスキーなんかよりも断然上手いです。

今まではかなり抵抗がありました。

今更ですが理由を考えてみると、食べるものとワインがマッチしていないことや食事をしながらワインを飲むことの理解が浅いため、かなり嫌なお酒のひとつでした!

ところが、あることに気付くとうまいと感じ始めて最近では毎晩のワインを飲むようになりました!

今回は、ワインの種類と味と私なりの感想などを書いてみようと思います。

美味しい赤ワイン 日本人には受け入れることが難しい

最初にこのタイトルで書いてみようと思います。

日本人の日本食と言うのは、私なりの解釈で言うと範囲が非常に狭いと思います。

海外でよく食事をしていましたが、色々な味を楽しむことが出来ました!

ところが、日本食はというと豊富な種類がありますが、結局はしょうゆしょうゆしょうゆ、味噌、味噌、味噌の連発であり、でてくるものは違いますが、結局のところ、しょうゆや味噌のベースが味付けや料理のお供になってしまいます!

そのため、結局の所何を食べてもしょうゆだったりするわけです!

その食生活の中でも、たとえば居酒屋に言ってしょうゆがかかった物ばかりを食べるときや食べたあとにワインを飲んでも、まずいということがわかりました!

赤ワインとしょうゆの組み合わせは、個人的な意見ですが、最悪です。

そのため、日本食の食生活の中で赤ワインを飲むということは、完全に抵抗があるということがわかります。

美味しい赤ワイン 種類と料理について

赤ワインについてですが、お酒屋さんに行ったらとにかくたくさんの種類があります!

ありすぎて、美味しくないものもあるのではと思ってしまいます。その為、結局一番売れている安いワインを購入するとまず失敗は避けられるのではと思います。

私的には、赤ワインの中で、カベルネ、シラーズ、メルロなどのブドウの種類の中で、一番お気に入りは、メルロです。どことなくまろやかな感じがしてgoodです。

飲み方は、チーズやアボガドにこしょうを付けて、オリーブオイルをかけて食べています。

どうしても、カベルネの力強い、シブイ感じはあまり好きになれず、悪酔いしてしまいます。

美味しい赤ワイン パスタとの相性

さて、ワインとバツグンに合う料理がパスタではないかと思います。

しかし、パスタの味によって、ワインの飲み方がかなり左右されることが個人的にわかった来ました。

においの強いパスタ、イワシなどをいれたり、ニンニクがたくさん入ったペペロンチーノなどの個性が強いタイプは、逆にカベルネの若いワインで流し込むという食べ方が気に入っています。

その逆で、トマトソースなどの味が染みたパスタでは、少しまろやかな味のワインを選びます。

ソースのコクとワインのうまみが両方にマッチして美味しく食べられます。

ですが、セオリーどおりかどうかはわかりません。私なりの意見です!

美味しい赤ワイン 意外と合う食べ物

さて、最初の方に、日本人は醤油の料理ばかりで・・・色々と書きましたが、意外に私が好きな赤ワインとの相性が良いたべもので、一番大好きな食べ方は、意外と食パンです。

食パンにバターや砂糖を付けて、トーストしてワインと食べています。皆さん一度お試しください。かなり好きな人には好きではないかと思います。

その次に、ケーキです!ケーキとチーズを一緒に食べて、ワインを飲んでいます。これがまた、マッチングします!

その他、チーズ味のポテトチップス、人気のピザポテトとワインの組み合わせが非常によく思います。

 

最後に、皆さんワインに抵抗がある方が多いと思いますが、赤ワインはポリフェノールの効果により、他のお酒の中でも健康的で体に非常に良いと言われています。

夜寝る時に一杯だけ飲むだけでも効果があると最近では注目されています。

しかしお酒はお酒なので、飲み過ぎには十分しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です