相手のせいにしがち?結婚に向いていない手相とは

こんにちは。今回は手相についてお話しようと思います。

結婚に向けて今から準備をしなきゃならない。そんな時期に「これから先大丈夫なのか…」とマリッジブルーになったりしていませんか。

私は手相が趣味で、何度かそういった方々の手相を見させて頂く機会があったのですが、そんな中でも両親の挨拶を済ましたのにも関わらず破局してしまった方に共通する手相がありました。

そして、その方の話を聞いてみると「いや、待って、その破局した原因って貴方が原因じゃない・・・?」と思うような思考の共通点がありました。本人にはとても言えませんでしたが、これって結婚できない女性にありがちな思考なのかもと思いました。

そこで、今回は結婚できない女性にありがちな手相と、思考についてご紹介しようと思います。

 

手相 結婚線 とは

結婚線とはご存知でしょうか。小指の下にある横に走っている線の事を手相では結婚線と言います。

ここで結婚する年齢が大体わかるといわれていますね。下から小指の方に向かっていけばいくほど、晩年婚と言われていて、真ん中が大体、25歳ぐらいと言われていています。

太ければ太いほど、大恋愛や結婚相手の意味だそうですよ。全体的に結婚線の薄い人は恋愛よりも何か他に夢中になれる事があったり、相手よりも自分が好きなのかもしれませんね。

利き手が自分が想う相手がいる年齢で、もう片方の手が自分を想ってくれている相手がいる年齢だそうで、過去の恋愛も相手からどう想われていたのか、また自分の事をひそかに想っていた相手がいたかどうかがわかります。

ちなみに、両手を合わせて、その結婚線が左右対称の位置にあると、その相手と結婚しても良いかもねという意味だそうです。

さて、本題の別れてしまう運命を持っている手相について話していこうと思います。

 

自分が原因?結婚できない方にありがちな手相

・そもそも結婚線が薄い

そもそも本人に結婚願望もあまりなく、他の事に興味があったり、相手よりも自分が大好きであり、また、なんとなーく結婚しようと思っている方にありがちな手相でもあります。相手に押されて流されて付き合ってしまうタイプでもあり、ステータスとして相手の事をみていることも。本人に自覚がないのでとても困ってしまうタイプですね。

こういった方は、元々相手に対する愛情の結びつきがとても薄く、結婚をする際に揉めたり相手に尽くされる事を強要された際に「なんで私があの人の為にここまでしなくちゃいけないの?」と相手に不満がつのり、破局されがちです。

破局する前は相手の事をこき下ろして「恋愛感情が無くなった」「そもそもそんなに好きじゃない」等言っていたのにも関わらず、いざ相手から浮気や別れを告げられると更に切れたり、泣いたりして「私がかわいそうじゃない!」なんて言っちゃうタイプでもありました。

 

・結婚線がギザギザ、鎖のようになっている

相手に不満や不安を抱いていたり、結婚前にもめることがとっても多い手相です。

しかし、中身を聞いてみると、案外我慢を強いたりわがままなのは本人なのではなんてケースが多かった手相でもあります。相手がとても尽くしている事にはあまり大げさに捕らえず、相手から要求を提示された時に、自分はこんなに相手に合わせて我慢をしている。また我慢しなくちゃいけないのか…と大げさに主張しているので、よくよく考えたらお互い様だという事をわかっていないタイプに多いように感じました。

また「私の事を大事にしていないなら結婚しません!」などと自分の立場と感情だけで相手にぶつけてキレてしまい、相手から「もう我慢の限界です。愛想が尽きました」とお別れされてしまうタイプでもありました。

 

共通しているのは「自分の事しか見えていない。自分の立場、自分の感情でしか話せない思考」

今現代では女性の立場が確立され、一人で生きていく方も多くなっていますから、そういった思考もとても大事だとされています。なのでこういった悪い思考ではないと思います。

実際に自尊心に溢れる方は自己が確立されており、相手の意見も自分の意見も尊重する事が出来、とてもバランスがいいです。また、相手との距離の測り方もとても上手なんですね。ただ、現代には、そこの領域までいかず、相手の立場を尊重できずに自分の事しか尊重できない方が多く、そういった方は結婚には不向きではあると思います。また、結婚をしても喧嘩が多くなりがちなのでは。

結婚観について聞いてみるよりも、案外「前の人とは何が原因でわかれたの?」と聞いてみると相手の考え方がわかってくるのではないでしょうか。そこで「自分の立場、自分の事しか話さない。自分の感情でしかものを話さない」人であれば、その方は結婚がまだまだ先なタイプなのかもしれませんね。

成長できる恋愛をしてきた方ほど、自分の判断が甘かった、駄目だった。未熟だったと切り出してくる方が多い印象です。相手との出会いや経験に感謝をしていますし、自分の判断に責任があり、自己完結しているんですね。

結婚とは、一人では出来ません。相手が寄り添ってくれるのを当たり前だと感じたら、相手も貴方の事をそう見ます。相手を軽んじるようになれば、貴方も軽んじられるのです。常に相手に感謝を忘れずにいれたら、相手も貴方への感謝を忘れずにいれるのではないでしょうか。それが通じる相手が結婚相手なのではないのかな、と思います。また、どうしても我慢できずに言いたい事がある場合は、相手の立場や状況を考えて、相手の気持ちになって話せるタイプが良いと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

ただ、私もまだまだ手相に関しては勉強中ですので、この手相を持っている方は一度評判の良い手相のみれるプロの方に「どうしたらいいのか」等、聞いてみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です